オーナーのブログ

公用語が英語の会社

最近会社の中で英語を主に使う会社がテレビなどで報道されていますね。
否定的な意見も多いのですが。。

まず、公用語を英語にするのに否定的な意見は社員が全員日本人いう前提があります。
但し、社内に外国人が来たらどうでしょうか? (これからの時代は充分にあり得る話です。)
その外国人に一から日本語を勉強させるのは大変な仕事です。
それであれば、全員が英語を勉強したことのある日本人のほうが英語に合わせたほうが効率がいいのです。

つまり、外国人が入っているグループとコミュニケーションを取るのであれば、世界中で多くの人が勉強・経験している英語を使うほうが簡単なのです。海外旅行に行くと、基本英語が出来ればなんとかなりますよね。それは、その国の方々も英語に慣れ親しんでいるからなのです。世界が英語の方向で動いている以上私たちもその流れを無視出来ないということなのです。

 

 

最近の投稿

カテゴリー

無料体験お申し込み

まずは無料体験をお試しください。

お問い合わせ・ご相談

お気軽にお問い合わせください。